吹き出しきちんと向き合って下さる先生です自立神経の乱れ
Q.来隣する前 どんな悩みを持っていましたか?
A.自立神経が乱れており、様々な症状が出ていました。
普通の生活を送るのが、難しい時間帯が増えていました。
Q.何がきっかけで、当院のことを知りましたか?
A.インターネット
Q.来院の決め手になったことは何ですか?
A.ホームページを見て、いろいろと話を聞いてもらえる先生だと思ったからです。
Q.実際に施術を受けてみて、如何でしたか?
A.身体的な事、心身的な事を両方ほぐして頂けました
Q.これから来院される方へのメッセージをお願いします!
A.きちんと向き合って下さる先生です。
勉強熱心で便りになる先生だと思っています。
診断書

F・Rさんは、初めて来院された時いわゆる自律神経失調症のような症状で来院されました。
僕自身はパニック障害?かな~と思っていました。
自律神経失調症とパニック障害の区別がなかなか判別が難しいのですが、自律神経失調症の症状に対し強い不安感や恐怖感を感じるかどうか?がポイントで現れる症状はほぼ同じです。

F・Rさんは、微妙な感じでこのままの症状が出続け、不安感や恐怖感を感じる度合いが強くなったら、多分本当のパニック障害という病名を心療内科でもらっていたと思います。
今ある症状の詳しい説明と考えられる原因などを詳しく説明し、あまりにも不安症状が強いようなら心療内科に行って診察してもらうように勧めました。
まずは、呼吸法とタッピング療法、自律神経訓練法などを指導しながら、筋弛緩法などを使いながら自分でも緊張を緩めるやり方ができるように練習。
とにかく落ち着くまでは、不安な時はどんどんメールを送ってもらうようにしてもらい、フォローするようにしました。
幸い初診時にゆっくりと時間をかけて施術する90分枠の施術を希望されたので、身体だけでなく色々なお話しが聞けました。
メールでのフォローで何とか落ち着いてきて、今はほとんど症状も安定し、1~2ヶ月に一回のペースで来院されています。